2012年09月30日

G&P CAR-15 初期型

みなさんこんにちは、シグでございます。
今日だけはコルトと名乗りたいですがシグです・・・。
大型の台風が近づき、この辺りも雨風が強まってまいりました。
お出かけにはお気をつけくださいね。

本日ご紹介するのはG&P製 CAR-15になります。
CAR-15って何ぞって方に毎度の解説を。

アーマライト社よりAR-15の製造権を買い取ったコルト・ファイヤーアームズ社は、1965年ごろより従来のAR-15ライフル(モデル601 / 602, のちに米空軍がM16として採用)を中核としてバリエーション展開し、通常の歩兵用小銃に狙撃銃や分隊支援火器、カービンなどを加えて、CAR-15武器システムを構築することを計画しました。
このCAR-15武器システムの一環として、車両や航空機の搭乗員向けの自衛用兵器、そして特殊部隊向けの特殊用途兵器として開発されたのが、CAR-15カービンです。

最初に開発されたのがモデル605 カービンで、これは単にモデル603(米陸軍がM16A1として採用)をもとに銃身を切り詰めて15インチとしたのみのものです。
また、モデル605をもとにさらに銃身を短縮するとともに銃床を伸縮式としたモデル607 サブマシンガンも開発されました。
モデル607はアメリカ軍特殊部隊によってGX5857の名称で試験採用され、ベトナム戦争で実戦に投入されましたが、長銃身のモデル602から流用したフラッシュ・ハイダーでは消炎効果が不十分であったことから、後により大型のフラッシュ・ハイダーを採用するように変更されています。
また、モデル602のデザインをそのままに伸縮可能なようにしただけのプラスチック製銃床では耐久性も不足であった。このことから、新設計でより簡素な金属製銃床を採用したサブマシンガンへと開発は移行し、これは米軍において、XM177として仮採用されることとなったのです。

そして現在ではサブマシンガン開発されたものはコマンダーと呼称されるようになります。
コマンダーにも深い経緯がありますが、それはまた別の機会にしましょう。

ではG&P製 CAR-15を見ていきましょう。

電動ガンミn・・・違います違います、ちゃんとCAR-15ですよ。
スタイリングが電動ガンミニM16にそっくりなのは否定しません!
必要に応じて短銃身化したのとデフォルメしたもののスタイリングが似ているって・・・。


G&Pですのでもちろんメタルレシーバー、AR刻印が入っておりますがMODEL02となっております。


一見固定ストックに見えますが違うんです、ちゃんと伸縮ストックなのです。
つまりラージバッテリーは不可ですのでご注意を。
ちなみにバッテリーはハンドガード内になっております。


バットエンドにレバーがあり、これを0の位置にすることでストック伸縮が可能です。
スプリングが入っており、伸ばすのはワンタッチになっております。


もちろんモデル602ベースですのでボルトフォワードアシストも付いておりません。
最近のM4などにみられる強化リブなどもなく、非常にスッキリとしたロアレシーバーとなっております。


何故か手元にあったM16A1VNと大きさの比較をしてみました。
電動ガンミニもあればよかった・・・すいませんありませんです。
レシーバーで位置を合わせてみましたが、さすがバレル長さが半分程度しかないので短いです。
ストックサイズも一回り違うんですよ。
(更にいらない豆知識ですが、M16A1とM16A2以降では固定ストックの長さが違うのです、1インチですが)


更に何故か手元にあったXM177E2もサイズ比較してみます。
バレル長さは同じものの、やはり大型のフラッシュハイダーが目を引きますね。
XM177E2は後のM4等にも使用されてるスライドストックの原型と言えましょう。
(M4ストックは6ポジションですが、XM177E2ストックは4ポジションです)


往年のベトナム戦争時代のコルト社銃器がこんなに揃うとは思ってもいませんでしたが
いい比較になりますね、最後にフラッシュハイダーを比較してみましょう。


左からM16A1VN・CAR-15・XM177E2です。
面白いことに初期型はM16A1VNのチューリップハイダーに似ています。
でもバードゲージハイダーにも少し似ているんですよね。
後期型ではもっと大型の(XM177E2程ではないですけど)ハイダーになります。

ゲームでも取り回しの利く一挺としていかがでしょう。
当店Webでも取扱中です。
G&P CAR-15 (Old Type)
税込29,800円でご提供中です。



より大きな地図で GUN&HOBBY Shop Judgment を表示

GUN&HOBBY SHOP Judgment

お車でお越しの方:
東名高速道路浜松ICより車で約15分
東名高速道路浜松西ICより車で約30分
新東名高速道路浜松浜北ICより車で約20分

電車でお越しの方:
遠州鉄道 さぎの宮駅よりタクシーで約5分
JR浜松駅より 遠鉄バス 笠井上町行 栩木南下車 徒歩約3分






同じカテゴリー(商品案内)の記事画像
今週末、新イベント急遽開催!!
レシーライフル&VZグリップ入荷!
今週末のイベント情報!!
第16回浜松8耐チーム分け発表!!
浜松8耐参加申し込み期日のご案内と屋外定例会報告
定例会&各講習会報告!!
同じカテゴリー(商品案内)の記事
 今週末、新イベント急遽開催!! (2018-05-14 23:45)
 レシーライフル&VZグリップ入荷! (2018-05-12 14:36)
 今週末のイベント情報!! (2018-05-11 14:11)
 第16回浜松8耐チーム分け発表!! (2018-04-16 20:10)
 浜松8耐参加申し込み期日のご案内と屋外定例会報告 (2018-04-08 22:20)
 定例会&各講習会報告!! (2018-03-28 17:11)

Posted by Judgment  at 13:49 │Comments(0)商品案内

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年05月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 25人

プロフィール
Judgment
Judgment
静岡県浜松市にある
ガンショップ&サバゲーインドアフィールド
「オペレーション ジャッジメント」です。

国内外問わずエアガン本体やパーツ、装備品に至るまでなんでも取り扱っております。
またエアガンのカスタム・修理も随時受付中!

映画のワンシーンのようなインドアフィールドもご用意してあります!

サバゲーのことなら「Judgment」へ!

フィールドのご予約はHPで24時間受付中
↓ ↓ ↓
Judgment HP


運営会社

株式会社ジャッジメント
〒435-0007
静岡県浜松市東区流通元町14-2
TEL 053-545-6085
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ